品川の個別塾・成績アップ 【公式】Blog

「品川学習塾ブログ」→ 東京都港区・品川区【オーダーメイド・幼児知育・完全個別・世帯別指導】で行います。(幼稚園から中3生対象) 新型コロナ禍においても「小回りがきく」「最善サポート」が運営指針です。 電話: 03-6676-6381 携帯: 080-5372-6480  ※アクセス→「品川シーサイド駅」「青物横丁駅」徒歩6-7分。「品川駅高輪口・港南口」から都営バス8分です。 (学)八潮幼稚園さん近くです。 → http://www.shinagawa-manabu.jp/

お台場から近くの中学生・プライベート個別指導塾

 こんにちは、お台場から近くの中学生・プライベート個別指導塾です。

お台場から2駅5分です。

 

 

最近「子どもが言うことを聞かないから困る」という声を耳にします。

「第1次反抗期・第2次反抗期」を経て、人はそれぞれ成長していくものだと思います。

 

 特に「中2病」などという言葉が流行した時期もありました。

もちろん私も、何だかんだで今日に至ります。

 

 

はた迷惑なお話かもしれませんが、これらのことは必要な経験だと思います。

 

「親の言うことを聞かない」

「教師に反抗ばかりする」

「他人に八つ当たり」

など、申し訳ないと思いつつも "必要な経験" だったと感じます。

 

 

 さて、お子さまとの "もめ事" で多いのは「成績」「ゲーム」などかと思われます。

 

成績が良くなければ、つい感情的に言いがちです。同時に「売り言葉に買い言葉」になりますので、親子関係が悪化することがございます。

 

 まずは、コミュニケーション力を高めていけたら、良い方向へ話が進むと思います。

お酒の席を例にすると、話すこと以上に大切なのが「相手の話をきちんと聞く」ことです。

よく言われることかもしれませんが、確かに「聞くことができる人は話が上手」です。

(話し上手は聞き上手の原則)

 

 

f:id:Shinagawa-manabu:20201111165644j:plain

 

 

 相手の話をしっかりと聞くということは、相手に "興味" を持って臨まないとできません。

 

 誰でも自分の話を熱心に、興味深く聞いてもらえることは気持ちが良いものです。

そうした行為は好感を持たれます。

気持ちよく聞いてもらったあとは、相手の話を聞こうと思うものです。

 

 

 次に、よくありがちなことで、親の立場・教師の立場からすると、

なぜか・・・

 

「上から目線」

「指導している」

「教育している」

という考えに陥りがちです。

 

 会話が楽しくなる雰囲気を作り出すためにも、いい聞き役になることが重要です。

 

 

 自分の話をする必要が出てきたら「~しなきゃだめ」「~すべき」という言い方は避けたほうが無難です。

たとえ「正論」でも、言われた側はいい気持にならないからです。

 

 

 自分が言いたいことを切り出す前に相手の話を聞くことで、相手はあなたの話を聞く用意ができてきます。

 

上手に会話のシーンを作り出せれば、有意義なコミュニケーションの場になるはずです。

 

 もし伝えるべき時には、私自身は「子曰く~」の形で話すようにしています。

 

「成績上位の子は、毎日わずか30分でも英単語に取り組むらしいよ」

定期テスト対策は、遅くても15日前から始めないとギリギリで苦労するみたいだよ」

 

・・・みたいに、数字や実話を取り入れつつ、淡々と伝え

「困ったときには協力するからね!」

という適度な距離・信じて応援する気持ちで接すれば、本当にグングンと成績が伸びます。

 

 

 今回は、話し方の心得と基本的な考え方を紹介いたしました。

★ 話す相手が誰であっても興味を持ち、思いやりの気持ちを持つこと。

 

 1つでも「相手の良いところ」を探しながら会話をします。その時間が、少しでも有意義になると思います。

 

 

お台場から近くの中学生・プライベート個別指導塾

本日もお読みいただきましてありがとうございました <(_ _)>